HOME>オススメ情報>住宅ローンが残っていたとしても売れるようにしてくれる

競売を待つのは駄目

real estate

『住宅ローンを滞納してしまって、このままで競売にかけられるかもしれない』という状況にあるのなら、任意売却を目指して、行動を起こすべきです。そのままの状態で何もしなければ、間違いなく競売になってしまうので、下手をすると大損することになるでしょう。すでに任意売却に移行することはできないと考えていても、実際はできるケースもあるので、とりあえずでも専門家への相談をおすすめします。なお、任意売却を考えるのなら、実際に会って話をするために、サービスは近場で見つけたほうがよいです。住宅はどこのエリアもあるので、全国のどこにでも任意売却を相談できるサービスはあります。不動産会社や弁護士など、いろいろなサービスがあるので、近場で見つけてすぐに相談してみましょう。もちろん、任意売却に詳しいサービスでなければいけないので、そのことだけは事前にチェックする必要があります。

お金がなくても活用できる

住宅模型

任意売却の相談ができるサービスを探すときに、考えたほうがよいのは、仕事を依頼するときにお金を支払わずに済むことです。住宅ローンを滞納するほどお金に困っているのなら、専門サービスにお金を支払うのも困ってしまうかもしれません。たとえ、専門サービスに頼んだときの費用よりも、競売で損をするお金のほうがずっと多くなる可能性が高いと知っていても、払えないものは払えないでしょう。しかし、任意売却が手続きがすべて終わった段階で、費用を請求してくれるサービスもあるため、そちらならお金のことを気にする必要がなくなります。もちろん、終了したときに現金で支払うのではなく、任意売却で得たお金の中から支払われるので、最終的に手元にまったく残らない状態でも大丈夫です。

広告募集中